TOP >> 大根で宿便を出す
おなか想いのビフィズス菌

宿便の出し方~大根で宿便を出す

宿便の出し方をいろいろと調べてみると、大根が宿便解消に良いという意見があるようです。

 

なぜ大根が宿便の解消に良いのかというと、大根にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素が豊富に含まれているため、これが食物の消化を助け、腸の働きを整えてくれるからです。

 

また、大根には不溶性食物繊維が含まれていますので、腸内のぜん動運動を活発にし、便通を促進させてくれます。

 

大根の食べ方というと、鍋物などに入れて食べることが多いと思いますが、消化酵素というのは熱に弱いので、生のまま食べるのが一番良いようです。

 

特に、大根おろしにして食べると、大根をすりおろしたときに、イソチオシアネートという辛味成分が出てきて、これは、消化促進作用、抗菌作用、解毒作用、アンチエイジング効果などがありますので、大根をすりおろして食べるというのがとてもおすすめです。

 

なお、大根に含まれている食物繊維は不溶性食物繊維なので、水溶性食物繊維の食べ物も一緒に食べるようにしましょう。

 

そうしないと逆に便秘が悪化してしまうことがあります。

 

ちなみに、水溶性食物繊維が多く含まれている食べ物には、昆布、ワカメ、こんにゃくなどがあります。