TOP >> 宿便を解消する食べ物
おなか想いのビフィズス菌

宿便を解消する食べ物

宿便というのは普段の食べ物と大きく関係していますので、宿便を解消するためには、食べ物に注意しなければなりません。

 

そこで、宿便を解消するためには、どのような食べ物が良いのかをご紹介します。

 

宿便を解消する食べ物を大きく分けると、食物繊維の多い食べ物、乳酸菌の多い食べ物、オリゴ糖の多い食べ物があります。

 

 

食物繊維の多い食べ物

 

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

 

不溶性食物繊維は、水に溶けずに水分を吸収するもので、豆、かぼちゃ、ゴボウ、根菜、きのこ、オートミール、玄米などがあります。

 

水溶性食物繊維は、腸の中で水分を引き込み、便をやわらかい状態に保つ作用があり、大麦、ライ麦、納豆、こんにゃく、ワカメなどがあります。

 

一般的に不溶性食物繊維と水溶性食物繊維は、2対1の割合で食べるようにすると良いようですが、痙攣性便秘の人は不溶性食物繊維を過剰に摂取すると下痢が悪化してしまうおそれがありますので、注意しましょう。

 

腸内環境には個人差がありますので、様々な食品をバランスよく食べるようにすると良いですね。

 

 

乳酸菌の多い食べ物

 

乳酸菌には、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

 

動物性乳酸菌は、ヨーグルトやチーズなどに多く含まれており、植物性乳酸菌は、漬物やキムチなどに多く含まれています。

 

動物性乳酸菌は、生きて腸まで届きにくいのに対して、植物性乳酸菌は大腸まで届きますので、植物性乳酸菌を多くとるようにしたほうが良いのです。

 

 

オリゴ糖の多い食べ物

 

オリゴ糖の多い食べ物には、ヤーコン、きなこ、甜菜、ささげ、いんげん、ごぼうなどがあります。

 

ただし、食品だけでオリゴ糖を十分に摂取するのは難しいと思いますので、オリゴ糖を直接摂取するようにしたほうが良いかもしれませんね。

 

最近はスーパーなどでもオリゴ糖を購入することができますね。

 

バナー